『アエネーイス』の三種の訳

ラウィーニア (河出文庫)

ラウィーニア (河出文庫)

 ル=グウィンの『ラウィーニア』が文庫になった! 拙豚はル=グウィンはほとんど読んでいないのだが、読んだ中で一番好きなのはこれだ。訳者あとがきにはウェルギリウスの『アエネーイス』を読んでなくても大丈夫というようなことが書いてあって、それは確かにそうかもしれないが、やはり読むと読まないとでは大違いである。というか、ル=グウィンが仕掛けた企みは前もって『アエネーイス』を読んでないとあまり実感できないだろうと思う。

 それではひとつ『アエネーイス』を読んでやりましょうかという気になったとき、今手に入りやすい訳は三種ある。岩波文庫の泉井久之助訳、京都大学学術出版会・西洋古典叢書の岡道男・高橋宏幸訳、それから新評論の杉本正俊訳である。
 
 
f:id:puhipuhi:20200928210338p:plain

 
 訳しぶりは三者三様にかなり違う。例としてトゥルヌスの妹婿ヌマーヌスがアエネーアースの息子アスカニウスをdisるシーン(巻9, 612-618行)を比べてみよう。ます泉井久之助訳だとこんな感じである。

兜で白い髪押え、常に新たな戦利品、
たずさえ帰って略奪に、生きるを誇りとするわれら!
それにくらべて貴様らは、サフラン色と紫の、
輝くころもを身にまとい、怠惰にふけって心萎え、
踊りにおぼれて他愛なく、内衣といえば袖があり、
頭に載せる頭巾には、何とリボンがついている!
貴様らトロイアの女たち!——トロイアの男と言えるかい!——
貴様なんぞはディンデュマの、高みをうろうろするがよい。
そこなら貴様らいつものよう、音出す二つの口のある、
笛の音十分聞けるわい。

 
これが岡道男・高橋宏幸訳だとこうなる(訳文中の「プリュギア」とはトロイアのこと)。

われらは白髪にも兜をのせる。つねに奪ったばかりの
戦利品を持ち帰り、獲物により暮らすことが喜びだ。
おまえたちは、サフラン色や輝く紫の糸で刺繍した衣を着て、
心は惰弱、歌や踊りにふけるのが楽しみ。
トゥニカには袖、頭巾にはリボンがついている。
ああ、本当はプリュギア女なのだ。男ではないのだから、行け、高き
ディンデュマへ。そこだ、馴染みの笛が筒二つの調べを鳴らすのは。

 
ところが杉本正俊訳だとぐっとくだけて、いかにもdisっているという感じになる。

 われらはな、白髪頭にこう兜をぐっと押しつけてじゃ、つねに新たな獲物を持ち帰る。略奪こそがわれらの生き甲斐じゃ。
 しかし貴様らにはな、鮮黄(サフラン)染めじゃの紫貝(ムーレクス)染めじゃの、けばい衣装がお似合いじゃ。ダンスなどにうつつを抜かす、性根の腐って抜け落ちた貴様らにはな。
 貴様らの寛衣(トゥニカ)には、長袖がついていやがる。それと、あれあれ、頭巾(ミトラ)の花リボン、何じゃあれは。
 おお、プリュギア人どもよ、いやさプリュギア嬢さんたちよ、ささ、ディンデュマのお山に行きましょ。そこで吹きましょ両穴(りょうけつ)の葦笛。

 
 拙豚はラテン語を一字も解さぬゆえ、どれがいいとか悪いとかいう資格はまったくない。しかし正直に言うと最初の二つの訳は読むのにすごく難儀した。杉本正俊訳が出てくれたおかげでようやくこの名高い名作を最後まで読み通せたのだった。この杉本正俊訳で読む『アエネーイス』はル=グウィンの『ラウィーニア』に劣らず面白い(嘘じゃないよ)。「~じゃ」という時代劇めいた語尾や、「いやさ」というような民謡もどきの表現、さらには「けばい」というような現代の俗語の使用もいい味を出している。もっとも煉獄のウェルギリウスがこの訳を知ったらカンカンになって怒るかもしれないが……。しかしル=グウィンの『ラウィーニア』を百倍楽しむためにはこの杉本正俊版『アエネーイス』は実に強い味方なのだった。

早稲田古書街散策

f:id:puhipuhi:20200917105534p:plain
 
 
 ひさしぶりに高田馬場駅でおりて早稲田古書街へ行く。まずは駅前の芳林堂書店。なんと海外文学の棚がひどく縮小され、片隅に追いやられている。あたかも「銀の仮面」に出てくる老婦人のごとし。それでもきっと書店員の方の矜持があるのだろう、厳選されたいい本が並んでいる。棚に神経が配られているかどうかは一目見てわかるものだ。

 モーリス・サックスの "Le Sabbat" が『魔宴』という題で刊行されているのを発見。おおついに訳出されたか! これは伝説の書で、たしか澁澤龍彦が若いころ読んで興奮したとか書いていた本である。拙豚も昔英訳で初めのほうだけ覗いたことがある。お母さんとの別れのシーンが印象に残っている。ああこの人は同性愛者になるのも無理はないなあとひしひしと感じさせるいい場面だった。旧ですぺらで一考さんともこの本を話題にしたように覚えている。
 
 肝心の古書店街は半分以上の店がシャッターを閉めている。午後早いせいかもしれない。ちょうど二朗の人がシャッターを上げているのに行き合わせた。午後二時ころの話である。古書現世に入ると恰幅のいい店主が番台に座ったまま、グワーとかすごい音でイビキをかいて寝ていた。起こすのも悪いのでそっと棚を見てそっと帰った。こういうノンビリしたバンカラの雰囲気は悪くはない。いかにも早稲田という気がする。

 次は丸三文庫。たしか昔は別の場所にあった店だ。おそらくまだ若い店主がやっているのであろうお洒落な店で、洋書がリーズナブルな価格で並んでいるのがありがたい。ここではクーデンホーフ・カレルギーとアルベルト・サヴィニオとジャン・ポーランの本を買った。買ったとて本当は読めはせぬのである。いや待てよ、この「買ったとて本当は読めはせぬのである」というセリフは誰のセリフだったか。おうそうそう『どくとるマンボウ航海記』の中で作者がドイツの書店でヤスパースの本を買ったときのセリフだった。

 あと古書ソオダ水にも寄ろうと思ったけれど、店を発見できずに断念。たぶん道を間違えたのだろう。ここもいい店なのに残念。

本の雑誌10月号

f:id:puhipuhi:20200914184600p:plain
 
 
「すごい机の写真が載っている!」と巷で話題騒然の「本の雑誌」10月号を買ってきた。
 
 たしかにすごい! 机の写真にも驚いたが、もっと驚いたことがある。突撃インタビューのトップバッターに、特に名を秘す版元の、特に名を秘す編集者の方が登場している。この方の机の上には、2007年のゲラが置いてあるという(他にも2010年とか2014年のゲラもあるそうだ)。印刷所から来たゲラなのか著者が赤字をを入れて戻したゲラなのかはわからないが…………2007年というと13年前である。まだ民主党が政権を取っていないころの話である。その頃からずっと机の上に置かれていたのだろうか???
 
 この会社の入口を入ってすぐ右側に「今月の新刊」というショーケースがあるのだが、そこには『ベータ2のバラッド』とか『グラッグの卵』とかが並んでいる。これを見たときには、「ほほう、さすがにSFを出している版元だけあって、いち早くスローグラスを導入しているのだな」と感心したものだが、今になって考えてみると別にそんなことは全然なくて、本当に「今月の新刊」みたいな感覚で並べていたのかもしれない…………いやあんまり言ってると、私のゲラも13年間放置の刑に処せられるかもしれないからこの辺にしておきますが、世の中には常識では計り知れないことがあるのだなとつくづく思い知った。”There are more things”とはこういうことを言うんでしょうね。
 
 あと別の方の机の写真を見て、「あーこれは『サラゴサ手稿』は当分出ないな」と思った。地層で言えば白亜紀くらいのところに埋もれていそうな感じだったのである。

得体の知れないインタビュアー

Q&A

Q&A

  • 作者:恩田 陸
  • 発売日: 2004/06/11
  • メディア: 単行本


 以前宮部みゆきの『理由』をこのブログでとりあげたとき、何者ともわからないインタビュアーによるインタビュー形式がこの作品を成功させていると書いた。同じく「何者ともわからないインタビュアー」が出てくる小説では、恩田陸の『Q&A』も忘れがたい逸品と思う。拙豚が読んだ恩田作品の中ではベスト3かベスト5くらいには入る。

 恩田陸という作家は。オーソドックスな小説を書く一方で、おそろしく実験的な、空中分解すれすれの作品も書くという不思議な作家である。後者の系列の作品では、あくどさと洗練が一つの小説の中でパチパチ火花を散らしている。受精卵を中途で割ると、ヒヨコになりかけのものが出てくるが、そんな感じの、作品ならざる不定形のものが作品へと形を取り始めた中途の状態のところを定着して作品にしたといった趣がある。

 この『Q&A』はその典型例といっていい。連作短篇の形をとりつつ、いわゆるニュー・ゴシック的な筋立てに回収されようとするプロットを巧みにはぐらかし続けながら、最後にはいままでのあれこれを全部放り投げてアッと驚くところに着地する(いや着地はしていないか。むしろ空に消えるというか……)。内に秘められた暴力性というか破滅衝動というか、その異様さが忘れがたい作品である。

まだ佐野洋を読んでいる

 まだ佐野洋を読んでいる。佐野洋というのはなにしろ読んだとたんにキノコの惑星のごとくスカーと忘れられるので、何度でも読み返しがきく。

 でも何度読んでも面白い。土屋隆夫や天藤真の作品集成を出すという偉業を成し遂げたS元S理文庫はなぜ佐野洋に目をつけないのだろう。少なくとも初期作品は傑作ばかりなのに。権利関係で難しいところでもあるのだろうか。

 今読んでいるのは『古い傷』という短篇集。七十年代の終わりから八十年代にかけての作品が集められている。さすがにこの頃になるとすべてが傑作というわけにはいかず玉もあれば石もある。だがその中にこんな話がある。

 AとBは同じ会社を同期に入社した。しかしその後出世に差がつき、Aが課長のままなのにBは人事部長に抜擢された。でも二人は相変わらず同期のよしみで時々一緒に酒を飲む。そんな酒の席で、AはBから会社を辞めてくれないかと打診される。リストラ計画の中にAの名も入っているというのだ。先の見込みもないと思ったAはおとなしく会社を辞める。

 その後Aは元いた会社のC子を愛人にした(早くに妻を亡くしたAはずっと独り身の生活を送っていた)。そんなある日、Aは久しぶりにBから酒の誘いを受ける。席上でAはBから、元いた会社のDが死んだことを告げられる。警察は自殺と判断したそうだ。だがBはAに、お前が殺したのではないかと言う。実はDはC子とつきあっていたというのだ。Aはもちろん自分が殺人犯でないのを知っている。そして別のことを考えた。もしかするとC子がDを殺したのではないか……

 これでお終いである。真相はわからないまま終わる。でも警察が自殺というならそれなりの根拠があるのだろうから、自殺が真相ではないかと拙豚は思う。少なくとも素人の当て推量よりは正しそうだ。この短篇で面白いのはよりむしろ、同期に会社を辞めさせる、もとの会社の女性を愛人にする、というような気まずい人間関係が醸し出すもつれた心理、そこから発生する疑心暗鬼のほうにある。褒めていえばサマセット・モームやモーパッサンの味があるのだ。

不思議な印刷ミス

 手持ちの辞書に不思議な印刷ミスがあるのに気づいた。買ったのは何年も前だが、印刷ミスに気付いたのはつい最近のことだ。

 下の画像を見てほしい。"demetritorio" の "de" のところが破れているのが見えると思う。拙豚が破ったわけではない。最初から破れていたのである。さらによく見ると、"demetritorio" の左側の文章がおかしいのに気づく。「無礼の態度は皆が線」とか「③〈口査」とか、とても日本語とは思えない。
 
 
f:id:puhipuhi:20200908161427p:plain
 

 これは実はここで半円形に破れて折られたまま印刷されたものなのだ。「市」とか「線」とか「査」は、破れた穴から顔をのぞかせている前ページなのである。折れた部分を垂直に立てるとこんなふうになる。

 
f:id:puhipuhi:20200908162750p:plain

 
 おかげで「無礼の態度は皆が」のあとは印刷されず白いままになっている。
 

f:id:puhipuhi:20200908161447p:plain

 
 紙が薄くてページ数が多いとこんなことも起こるのですね。まあ読むのに支障があるほどではないからよかった。

チャンドラーのベストとワースト

f:id:puhipuhi:20200907131937p:plain
 
 
 レイモンド・チャンドラーの残した七つの長篇のうちのベストといえば、『長いお別れ』であるのは衆目の一致するところだと思う。数年前の日記に書いたような、いくつもの解釈ができる余韻あるラストもいい。それから文章もいい。片岡義男氏と鴻巣友季子氏の対談で構成された『翻訳問答』という本があるが、そこに『長いお別れ』の原文が一ページほど載っている。それを見てひっくりかえった。なんとすばらしい文章なのだろう。

 もっとも一般的な意味ではいい文章とは言いかねると思う。片岡氏が指摘するように「視線が刺さって背中から突き出た」みたいなあまりにもアメリカンなジョークには辟易するし、鴻巣氏が指摘するように、"they get" を "there are" の意味で使うのは崩れた感じがする。しかしそれにしても文章全体から漂う静謐な詩情はどうしたことだろう。この一ページだけで読者はテリー・レノックスという青年を好きになってしまう。マーロウが彼を好きになったように。

 というわけでベストが『長いお別れ』であるのに文句はないが、それではセカンドベストは何だろう。これは人によってばらつきがあると思う。拙豚はといえば『大いなる眠り』と『かわいい女』が甲乙つけがたい。『かわいい女』の魅力についてはさっきと同じ日の日記に書いた。読後心に残るのは間接的にしか語られていない「かわいい女」の面影である。「かわいい女」というと最初に登場する女性のことだと思われがちだが、たぶんそれは違う。ラストで話題にのぼる女こそ真の「かわいい女」ではないかと思う。『大いなる眠り』はリアリズムを通り越してマジックリアリズムにまで到達している人物描写と、それからマーロウと犯人が対決するラストシーンの迫力がすばらしい。

 それではワーストは? これも人によって違うだろうが、拙豚なら『プレイバック』に軍配をあげる。お終いのほうで明かされるアリバイトリックの下らなさの故にである。おそらくチャンドラーの長篇で推理小説のトリックらしいトリックが使われているのはこれ一作だけだと思うが、まあ何といいますか、使わないほうがどれだけマシだっただろうと思われるトリックなのである。