世界の涯


小野塚力さんから蜂須賀正氏『世界の涯』をいただきました。
こんな高価な本をポンと送ってくれるとはさすがはマハラジャ、気前のよさが日本人離れしています。
せめてものお礼に戸川純歌うところの「ラジャ・マハラジャー」を。



いやいや歌など聞いている場合ではない。宣伝に努めねばならぬ。


外函付パラフィン装。表紙はムーラン紙という高級紙を使っているそうです。


玉川重機氏の美麗挿絵七葉入りです(これは恐鳥モア)。


本文より。ふだんは穏やかな淑女だが、熱帯の太陽の下では人格が変わるブロートン夫人の話。象を射殺し世界最大の蜥蜴コモドドラゴンを生け捕ったそうだ。まるで香山滋の小説のようである。

注文は盛林堂のサイトからできるようです。