雌伏*年を経て、ようやく[sai]2号がお目見え。特集は「からだからでるもの」ということです。玲はる名×黒瀬珂瀾短歌勝負という凄惨目を覆う恐ろしい企画も……。

矢野目源一が「少年」だったころ」というタイトルで鈴木暁世さんが『揺籃』書評を書いてくださいました。ありがとうございます。ちなみに『揺籃』はまだマルドロールに若干在庫があるはずですので未読の方はこの機会にぜひ〜。