いろいろ16

このブログには、Googleなどの検索経由で来られる方が結構いる。その検索ワードは非常にさまざまだ。そのような検索ワードを日記のネタにすることは、失礼にあたるかとも思い今まで自粛してきたが、今日発見したこれ*1はあまりに面白すぎるので、とても一般公開の誘惑に勝てない。それにしてもこの語句で752件もヒットするとは、やはりこういう名の人にはこういう性格が多いのであろうか。(この文章は超楽屋落ちにつき、大部分の方にはチンプンカンプンだと思います。申し訳ありません)

mixiのマイミクさんたちの間で書評や解説のネタバレ是非論議が最近あって、興味深く諸氏の意見を読んだ。書評はともかく本の後ろについている解説については、拙豚は今まで、「先に読む奴が悪い。ページ順を無視して最後のページをいきなりめくる時にはそれなりのリスクを負う覚悟が必要」という立場だった。だから『最後の審判の巨匠』でもかなり内容に立ち入って解説してるし、今度の『青い蛇』の解説でも、ある一短篇の趣向をばらしている。
だが〜、このような考え方はごくごく少数派のようだ。やはり考え直さないといけんのかのお。なあ婆さんや???

やはりmixiのマイミクさん経由で知った驚愕のアップロード。去年Lたん追悼本を作ったときには非常に配慮して、原則即売会以外では売らず部数もごく少数に抑えたのだが、もしかしたらそこまで気を使う必要はなかったのか? 今年の冬は増補改訂版を作ることにしませうか。

*1:07/11/05 リンク削除