東京創元社

ダゴベルトいろいろ(1)

* 『探偵ダゴベルトの功績と冒険』もいよいよ発売が迫ってきました。東京創元社のサイトによれば4/26発売だそうです。それまで宣伝広報をかねて随時よもやま話など書いていきます。 作中でダゴベルトは「使徒ペテロ風の頭(Peterskopf)」をしていると形容…

本格のあかし 

* * 『探偵ダゴベルトの功績と冒険』の表紙が公表されました。装画は磯良一氏、装訂は山田英春氏です。気合の入ったカバーではありませんか。東京創元社が売る気まんまんなのがヒシヒシ伝わってきます。もう地にひれ伏してお礼をいいたい気分です。 * ハ…

桜庭ほんぽっ!の怪いろいろ

*本のおかわりもう一冊 (桜庭一樹読書日記)作者: 桜庭一樹出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2012/09/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (16件) を見る* 数日前から開催されていると言われる桜庭ほんぽっ!に行ってきた(紀伊国屋のほう) 。クリ…

緑衣の鬼

*ミステリーズ! vol.51出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2012/02/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る* 今号の「ミステリーズ!」はドイツミステリ特集というので勇んで買って帰る。でも特集の前に各所で話題の、某氏が拉致されたと…

われわれに残されたよい習し

*ラッフルズ・ホーの奇蹟 (ドイル傑作集5) (創元推理文庫)作者: コナン・ドイル,北原尚彦,西崎憲出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2011/12/21メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (12件) を見る* 聞くところによると東京創元社…

死の扉ついに開く

* 藤原編集室の今日のあぶくによれば、東京創元社の一月以降新刊にレオ・ブルース『死の扉』が入っているそうな。おお、死の扉がついに開くのか! 一月「以降」という表現が若干気にはなるけれど…… *

渡辺温オマージュ展続報

*アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集) (創元推理文庫)作者: 渡辺温出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2011/08/31メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 47回この商品を含むブログ (15件) を見る* ギャラリーオキュルスで開催予定の渡辺温オマージュ展《アン…

次々と開く死の扉

*アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集) (創元推理文庫)作者: 渡辺温出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2011/08/31メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 47回この商品を含むブログ (15件) を見る* 久しくヴァーチャルネットアイドルだった渡辺温28才がとうと…

メイ・シンクレアはただものではない

*怪談の悦び (創元推理文庫 (555-01))作者: H・R・ウェイクフィールド,南條竹則出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1992/10メディア: 文庫 クリック: 5回この商品を含むブログ (13件) を見る* 旅さきの古本屋で『怪談の悦び』を見つけたのでつい買ってし…

東京創元社文庫解説総目録ゲトー!

東京創元社文庫解説総目録東京創元社Amazon なんかすさまじい勢いで売れているようで、もはやどこの書店を探してもなかった。書泉グランデのお姉さんがあちこち電話をかけてくれて(たぶんよほど必死の形相をしていたのだろうと思う)、なんとか一冊確保。あ…

謎の文庫化

SR Monthly No.368、2010年新春号に前東京創元社社長戸川安宣氏のロングインタビューが掲載されている。全体のトーンは「最近は本が売れなくなって……」という、やや暗いものだけれど、巧まざるユーモアが随所に溢れる楽しい読み物である。 たとえば創元推理…

the Glory that was Rome

*ゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫)作者: クラーク・アシュトン・スミス,大瀧啓裕出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2009/08/30メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 32回この商品を含むブログ (27件) を見る* ……大陸ゾティークの南、ヨロスの地ではそ…

娯楽としての悪意2

愚行録 (創元推理文庫)作者:貫井 徳郎東京創元社Amazon ミステリ、それもいわゆる本格ミステリの犯人を精神異常者に設定するのは、作中で幼児が殺されるのと同じくらいに興ざめなものだ。かの大乱歩も「殺人などしそうもない者が犯人だというのが探偵小説の…

待望の刊行

*金剛石のレンズ (創元推理文庫)作者: フィッツ=ジェイムズオブライエン,Fitz‐James O'Brien,大瀧啓裕出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2008/12メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 7回この商品を含むブログ (21件) を見る* 大昔にサンリオSF文庫から出…

ジョン・コリアは難しい14(和爾桃子さん萌えの巻)

千の脚を持つ男―怪物ホラー傑作選 (創元推理文庫)東京創元社Amazon 翻訳で何が楽しいといってギャグを訳しているときほど楽しいときはない。ギャグがなければ、世界は貧しく狭い場所になってしまう。でもときにはちょっとやりすぎたかな? と思うときもある…

蛇とオオアリクイ

青い蛇 (十六の不気味な物語) (創元推理文庫)作者:トーマス・オーウェン東京創元社Amazon 「青い蛇」の解説を書きました。といっても戸川昌子ではなくトーマス・オーウェンです。 まさか人様の訳書で「ポカーン」とか2ちゃん用語を使うわけにもいかない(自…

空虚な虚(うろ)

日本怪奇小説傑作集1 (創元推理文庫)作者: 紀田順一郎,東雅夫出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2005/07/08メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 18回この商品を含むブログ (40件) を見る まだ最初の数編しか読んでいないが、巻頭にハーンの「茶碗の底」を持…